寒い夜に世界の片隅で主婦が憂う

最近、ダンナさんの体調が悪くて心配です。
胸と背中が痛いらしいんですが、背中の痛みは重大な病気が隠れていることが多いと聞くので。
病院に行きなよと勧めても、仕事が休めないからと行ってくれません。
仕事は大事だけれど・・。
ここ二日間、いつ倒れてもすぐに救急車に乗れるように服を着たまま寝ました。
そうしたらやっと分かってくれたようで、明日病院に行くために休みを取った連絡がきました。
今日の夜も心配だけど、とりあえず良かった。
働いている人がもっと気軽に休んだりできる社会になったらいいのになぁと思います。
ダンナさんを見ていると、何のために働いてるんだろうと思ってしまいます。
もちろん、私を養ってくれているのは感謝しています。
でも、生きていくためなのに病気をさらに悪化させるような働き方をしてどうするんだろう。
貧乏になってもいいから、遅くまで働いて寝るだけの生活をやめてもっと豊かに生きたいです。
みんなが生きやすく、幸せになれたらいいのになって思ってしまいます。
なぜこんなに生きづらいんでしょうこの世界は。
海外はもっと暮らしやすいのかなぁ。
でも、ニュースを見ていても経済が破綻したり不安になるようなことばかりで海外もそんなに良いとは思えないですよね。
なんてここで憂いてないで、ダンナさんの言い分もあるだろうし、半径3メートル以内のことを大事に見て聞いて生きていかなきゃだめですね。
とりあえず今日は小言は言わず、あったかいごはんとお風呂を用意して帰りを待とうと思います。

コメントを残す